お取り寄せ大好きな主婦たちによる、主婦のための商品比較サイトです。

お中元・お歳暮にも喜ばれる!お取り寄せ大好き主婦たちが比べてみました!お中元・お歳暮にも喜ばれる!お取り寄せ大好き主婦たちが比べてみました!

2017.6.13肉・魚・お惣菜

漬け魚《西京漬・粕漬・味醂漬》

お中元やお歳暮になにを贈ろうか毎回頭を悩ませますよね。毎年のものだしそろそろネタ切れだわぁという方もいらっしゃると思います。
そこで、お取り寄せ大好き主婦たちが、きっと喜ばれる贈り物に最適な商品たちを食べ比べ独断と偏見で!?ランキングをつけました!
今回はご年配の方にとても喜ばれると評判の『漬け魚(西京漬・粕漬・味醂漬)』編。
比べたのはこちらの5品です。

今日の比べてみました「漬け魚」編 内容

商品購入店/商品名/価格

5店舗の漬け魚を同じ日のほぼ同じ時間帯に各オンラインショップより注文。今回は4,000〜5,000円の価格帯の商品を購入しました。購入商品と価格は以下のようになります。すべて税込価格です。
魚種や大きさ、数もすべて異なっているので一概に価格だけで高い安いを比較するのは難しいですね。

店舗名 商品名 総額
(送料含)※
商品価格 賞味期限
(到着日から計算)
味の浜藤 西京漬笹巻 5,076 円 4,320 円 7 切れ 冷蔵9日間
一の傳 御宝 4,575 円 4,000 円 7 切れ 冷蔵5日間
魚庵 鶴雲 4,860 円 4,860 円 6 切れ 冷凍30日間
魚久 K-4 5,616 円 4,860 円 7 切れ 冷蔵6日間
鈴波 セ 4A 5,076 円 4,320 円 6 切れ 冷蔵9日間

※送料は東京渋谷区に送った場合の送料で比較しています。

ご購入からお届けまでの日数

まずご購入からお届けまでの日数。届け先は研究者の1人である渋谷区の自宅です。

  • 【味の浜藤】6
  • 【一の傳】9
  • 【魚庵】4
  • 【魚久】5
  • 【鈴波】6

こちらはお店によってまちまち。長いところでは10日かかる可能性もあります。

配送の梱包

ご贈答の場合、相手先にどのような形で届くのかも重要なポイントですよね。
届いてすぐの配送の梱包写真を撮ってみました。

ダンボールだったり、袋に入っていたりいろいろですね。食品ですし冷蔵や冷凍なのでいろいろアテンションシールが貼られてしまうのは仕方ないですが。その中でもダンボールに熨斗や水引がデザイン的に入っていてオシャレなのは「魚庵」さん。「何かいいものが届いた!」とワクワクさせますね。「味の浜藤」さんは包装紙が江戸時代の地図のようなデザインで風情があります。

商品パッケージ

それではいよいよ開封の儀!
各メーカーそれぞれ個性があります、パッケージの仕方やデザインを見ていきましょう。

      
  • 【味の浜藤】

箱を空けると浜藤からのメッセージが印刷されたトレーシングペーパーがあり、高級感があります。銀色のラベルが目立っていて魚種がわかりやすいです。仕切りの赤と箱の黒、ラベルの銀がメリハリがあって他社のパッケージとはだいぶ趣が違って見えます。「めぬけ」「銀ひらす」など少し珍しい魚種が入っているのも特徴ですね。漬け魚に本物の笹の葉が巻いてあります!

      
  • 【一の傳】

包装紙に白い半透明の風呂敷が付いていました。粋ですね。箱を開けると、、付け魚が樽に味噌ごと入ってます!味噌がたっぷり入っているので、魚を焼いたらお肉とか他のものを漬けてみたくなりますね。おいしいレシピや焼き方の説明書がついていたり、取り出す用に「手袋」も入っていて親切です。難点を言えば、樽にすべて入ってるので何の魚かがわかりづらい!鮭はわかるんですが、銀ダラなのか鰆なのか、取り出すまではわかりません。取り出して味噌を拭ってもわからないのもあったりしましたが〜。

      
  • 【魚庵】

高級感と上品さがあって贈られたら嬉しいなと思わせるのは「魚庵」さん。ダンボールを開けたらまず目に入ったのが、この「私たち、魚に本気です。」の文章。
本気だそうです 笑。
外装箱も、内装箱も上品で素敵です。20代の研究員が「目上の方に贈っても恥ずかしくない!」と言っていましたが、贈答の場合、送るものでその方のセンスや好みもわかったりするのでパッケージも重要なポイントですね!

      
  • 【魚久】

こちらも高級感あるパッケージ。お持たせ用に紙袋も付いていました。早速開けてみますと、漬け魚が入っているケースは少し業務的なイメージ。漬け魚を覆うビニールが風呂敷のように包むタイプでしたので漏れを防ぐためでしょうか、ケースはしっかり密閉されていました(真空包装ではないです)。ラベルを見ると「いか」「ほたて」の文字!バラエティに富んだ漬け魚です。「どんな味か楽しみ〜。」と研究員のテンションも上がります!

      
  • 【鈴波】

こちらも紙袋が付いていました。包装のしかたなどは至って普通な感じですが、箱を開けてみますとひとつひとつのパッケージがキレイにズラッと並んでいます!密閉されていて魚は見えづらいですが、そのぶん魚の名称が一目瞭然でわかりやすいですし、少しカチッとしたこのパッケージが高級感を出しています。

商品の特徴

次に漬け魚を取り出して、味噌を拭って重さを測ってみました。その際に気づいた点などもコメントしていきます!

      
  • 【味の浜藤】

魚を包むパッケージが少し開けづらく、切り目が入っているのですが最終的にはハサミで切りました。味噌が他の商品より黄色いですね。味噌の種類のちがいでしょうか?重さは「鮭」が88g、「鰆」が94g。こちらが今回5社の平均的な重さとなりました。

      
  • 【一の傳】

では味噌樽から取り出してみます!ぬか床をいじるようで楽しいです。手袋付けていただいてありがたいですが、欲を言えば2枚欲しかった!結局味噌をぬぐったりする際に手は汚れてしまいました。
重さは「鮭」は84g、「鰆」は90g。ややこぶりでしょうか。鮭が色鮮やかです。

      
  • 【魚庵】

まずは開封、敷いているトレイも金色で高級感ありますね。ここで「?」。あれ?味噌が付いていない!すでに味噌は綺麗に拭ってある状態でした。これは忙しい主婦、私のような面倒くさがりな主婦にも嬉しいですね。身は鮭が「85g」、鰆が「93g」で少し小ぶりでしょうか。

      
  • 【魚久】

こちらは魚を包んでいるビニールはテープが少し取りづらく開封に時間がかかりました。ビニールは大きく広がるのでキッチンが汚れることがなくて片付けが楽です!味噌を拭って計測。「鮭」が101g、「銀ダラ」が98g。大きいですね!ちなみに味噌を拭うときはただ拭き取るのではなく、味噌を魚に浸透させるイメージでポンポンと軽く押さえながら取ると良いそうです。

      
  • 【鈴波】

少しかためのこのパッケージ開けやすかったです。さて味噌を拭おうとしたところ、、よくよくみると薄い布のようなもので覆われておりました。それを取ると味噌がキレイに取れました!これは簡単で手間が省けて助かりますね。
重さは「鮭」が103g、「鰆」106g!こちらも大きいですね。

 

皆様お待たせいたしました 笑!では焼いていきましょう。各社が提供してくださっているおいしい焼き方を参考に、5つ同時に焼いて行きます!全商品並べて見るとこんな感じです。「魚久」さんはホタテとイカも漬けられてます!お味楽しみなところですが、公平を期すため全店舗共通で入っていた「鮭」でまず比較していきましょう。

上段左から:味の浜藤・一の傳・魚庵 下段左から:魚久・鈴波

5切れ同時に焼いていきます。いい匂いがお部屋に充満してきました!下写真の焼き上がりの写真は一番手前が「魚庵」、その奥左側が「一の傳」、右側が「味の浜藤」。その奥左側が「鈴波」、右側が「魚久」です。

 

では実食。好みもあるのでいろんな意見が出ます。研究員の意見を表にまとめてみました。

店舗名 品評
味の浜藤
  • ・結構味が濃い ・お弁当に入れるとちょうど良い味付けだった
  • ・身がパサつき気味
  • ・骨が多め
一の傳
  • ・味噌漬けの状態で届くからか味がちゃんと付いている
  • ・鮭の骨が多い ・優しい甘み
  • ・少ししょっぱ味もある
魚庵
  • ・身がしっとりとしていて上品な味 ・骨を抜いてあり食べやすい!
  • ・骨がないので子供も気に入りそう ・優しい甘みで魚の旨味がある
  • ・形が綺麗なまま保てている ・甘すぎず、しょっぱすぎず程よい味付け
魚久
  • ・甘め・酒の風味が強い・冷えてくるとパサつく
  • ・ホタテとイカは珍しくて嬉しかったが、味は一般的
  • ・イカは中に入っている味噌もきちんと拭わないとかなり味が濃くなる
鈴波
  • ・程よい甘さ ・身が柔らかくて食べやすい
  • ・ご飯との相性が良い味の濃さ ・お酒の風味が強め
  • ・酒の風味と苦味が大人向けな感じ ・身がホクホクしていた

ランキング

好みもあるので難しくもありましたが、、、心を鬼にして独断と偏見でランキングをつけました!

1 位 魚庵『鶴雲』
《高級感あるパッケージと子どもから大人まで好まれる上品な味と気遣いが満場一致の第1位!》

パッケージ、焼き上がりの形、味など全体的に高得点をマークして、「魚庵」さんが1位に!
しっとりした身も高評価でしたし、骨がないという点が、煩わしさがなく、子供も安心して食べられると人気でした!

2 位 鈴波『セ4A』
《ご飯やお酒のおかずにはもってこい!しっかりした甘みが高評価》

しっかりした味付けと甘さで、西京漬はこれくらい味が濃くなくては!という声もありました。
白飯にはもちろん合いますし、お酒の肴としても好まれそうです。

3 位 一の傳『御宝』
《樽で贈られてくるワクワク感は一番!》

樽に入っているという点で期待感が増しました。ただ、この樽ごと冷蔵庫には入れるにはちょっと場所を取りすぎなのと個包装でないので少数家族に贈る場合は注意が必要ですね。濃すぎず薄すぎず程よい味付けでした。

4 位 魚久『K-4』
《バラエティに富んだ魚種で喜ばれそう!》

「イカ」や「ホタテ」など他にはない種類もあって、贈られた方は嬉しいのではないのでしょうか?
ただ、期待しすぎたぶん、味への評価は厳しめになってしまいました。

5 位 味の浜藤『西京漬笹巻』
《しっかりした味付けでお弁当にも最適!》

食べ比べた中では一番味付けが濃いめと評する研究員が多く、好みが分かれました。
後日、お弁当のおかずとして入れた研究員によると、そのしっかりした味がちょうどよかった!とのことでした。

総評

食べ比べてみると、味や食感の違いは結構わかるため、コメントがかなり直球でしたが、単品で食べるとどれも美味しい付け魚には変わりはなかったです!
漬け魚って食卓の主役になるのに、焼くだけ!というのが忙しい主婦にもかなり嬉しいですよね。

あらゆるシーンで、贈られて嬉しくない人はいないのではないでしょうか!?
ランキングは私たちの完全な主観ですが、是非ご贈答で悩まれてる方はこちらを参考にご検討くださいませ!次は何を比べましょうか〜?!